大手と中小企業の違い

働くなら大手企業?中小企業?

よく、大手と中小の警備会社どちらがお勧めですか?という質問を受けます。

こちらに関しても、一概には言えないのですが、一般的に言われている違いをご紹介します。

大手警備会社

 

【メリット】

・仕事の種類が豊富で、選ぶことが出来る

・福利厚生(保険や交通費等)が整っている


 

【デメリット】

・研修が厳しい

・アルバイトの数が多く、ポジションの維持が難しい

・アルバイトから正社員へ抜擢される可能性が低い

・そもそもバイトを募集していない場合がある(募集は社員のみ)

中小警備会社

 

【メリット】

・仕事量が多い(大手は分散させるので、個人に回ってくる回数に制限がある)

・担当者の顔が見えるため、コミュニケーションがとりやすい

・自分の意見や希望がダイレクトに伝わりやすい

・正社員や幹部への道が大手より近い

・シフトを柔軟に組むことができる


 

【デメリット】

・仕事の選択肢が少ない


一般的に大手の警備会社は、交通誘導・雑踏警備・施設警備それぞれの仕事を用意していることが多いです。

また、屋内の警備(ビル、工場、商業施設などの警備)は、大手の警備会社が請け負っている事が多いため、施設警備を行いたい場合は、大手の警備会社を確認することをお勧めします。

福利厚生は、休暇制度や退職金制度はアルバイトには該当しないので、あまり重要視する必要はないかと思いますが、保険や交通費等はどちらにおいても確認したほうが良いです。

中小の警備会社のメリットとしては、担当者(社員)との距離が近いことが挙げられます。担当者との距離が近いと、コミュニケーションがとりやすいので、融通が利いたり、認識の齟齬が生じる可能性が少ないです。言われていたことと違うけど担当者が分からない・・・となると、証明することが難しいですよね。
 
 

おススメの施設警備・常駐警備のバイト求人に応募するには


施設警備・常駐警備のバイト求人をクリック

ページトップ
Copyright© 2017 警備するならまず見るサイト All Rights Reserved. お金がない人はこちら | 仕事がない。50歳からの仕事さがし

【PR】ホテル求人ならホテキャリ