神警協

正式名称は「一般社団法人 神奈川県警備協会」です。

神奈川県内で営業する警備会社360社余を会員として構成しています。
共益的一般社団法人として非営利団体に位置づけられており、会員の資格審査を厳正に行い、適正な警備業務の実施により警備業の健全な発展を目指す会員会社を会員として、特に、警備員教育に関する事業を推進しています。

目的

神奈川県は、横浜市、川崎市、相模原市という政令指定都市をはじめ、横須賀市、大和市、藤沢市、平塚市、厚木市など全国的に知られたな市が密集しており、県民は東京に次いで第二位の900万人です。
また、ミナト横浜や京浜工業地帯に代表されるように日本経済の中枢を担う会社・工場が集結するとともに、鎌倉、江ノ島、箱根など歴史と風光明媚な観光地として内外から多くの観光客が訪れております。
神協会は、900万人県民の安全・安心に寄与するとともに、これらの経済活動と多くの観光客の安全を支え、文字通り「生活安全産業」として警備業務の充実発展に取組んでいます。

主な事業

・防犯、防災、交通事故防止、労災事故防止等の活動及びこれらの思想の普及、啓蒙等の公益事業
・経営者研修、労務研修、教育幹部研修
・新任警備員教育事業
・現任警備員教育事業
・警備員指導教育責任者講習及び機械警備業務管理者講習事業
・全国警備業協会特別講習
・大災害発生時、神奈川県警察及び関東各県警備業協会と協定に基づく支援活動
・警備業に関する功労者の表彰
・県民、ユーザーに対し警備業に関する広報、紹介、機関紙の発行事業


詳細は
神奈川県警備協会 公式WEBページをご覧ください

ページトップ
Copyright© 2017 警備するならまず見るサイト All Rights Reserved. お金がない人はこちら | 仕事がない。50歳からの仕事さがし

【PR】ホテル求人ならホテキャリ