災害時、施設警備員はどんな役割があるのでしょうか?

想定される主な災害としては、火事や地震などが考えられますが、パニックを起こさせない、ということが
施設警備の仕事では一番大事です。
 
火事の場合:
適切な広報案内、避難誘導、避難経路の確保また、避難する順番などが求められます。
 
地震の場合:
地震の揺れがおさまった後の適切な広報案内においての避難誘導が求められます。
 
どちらにおいても、有事の際の想定をしながら各種確認・点検活動を日ごろから行っていることで、
いざ災害が起こった場合でも冷静・的確に行動できるようになります。
 
 

おススメの施設警備・常駐警備のバイト求人に応募するには


施設警備・常駐警備のバイト求人をクリック

ページトップ
Copyright© 2017 警備するならまず見るサイト All Rights Reserved. お金がない人はこちら | 仕事がない。50歳からの仕事さがし

【PR】ホテル求人ならホテキャリ