警備会社の正社員インタビュー

警備会社の採用担当警備会社の管理部門で正社員として働いているIさんに、どうしたら正社員になれるのか、どんなメリットがあるのか、などなど警備会社で正社員になるということについてお聞きします。
ご本人のプライバシー保護の為、顔写真は控えさせていただきました。
 

どうしたら、警備会社の正社員になれるのでしょうか?
 

はじめに、アルバイトも正社員なので、正社員になるだけなら誰でもなれます。ただ、アルバイトの場合は日給制になりますので、月給制の正社員になる、ということになると、色々と条件が出て来ます。
うちの会社の場合では、交通誘導の2級に受かることが最初の条件ですね。月給制の社員になると、仕事内容が現場とは変わってきますので、仕事内容に適性があるか、ということも条件になります。

 
それでは、現場の仕事との違いを教えてください。
 

現場での仕事をすることもありますが、その割合が減り、アルバイトの教育・指導や、営業、シフト組みなどのデスクワークの割合が大きくなります。
私の場合は、100名以上のスタッフのシフト組みを行って、だれがどこの現場に行くか、などの段取りを行っています。スタッフと連絡を取り合ってスケジュール調整しますから、コミュニケーション能力も問われますし、ちょっとした交渉術も身に付きますね。PC作業も多く、請求や給与計算なども行っています。
人によって業務内容は変わりますが、現場とはかなり違ってくると考えてもらえば結構です。

 
そうすると月給制になるには、現場の仕事ができるだけではダメなのですね。
 

現場が好きで、月給制にならず、ずっと現場の仕事を続ける人もいます。月給制になったからと言って、全く現場の仕事がなくなる訳ではないので、本人の考え方次第ですね。
通常は、日給制で入社し、半年~数年で交通誘導の2級の資格を取って、本人の希望で月給制の正社員になる、というケースが多いです。
業務内容の適性もあるので、パソコンは多少使えた方が有利ですし、運転免許も最低原付の免許ぐらいは持っていた方が良いと思います。

 
正社員になって良かったと思うことはありますか?
 

警備会社の採用担当やはり日給制ではなく、安定的な月給制になることがメリットでしょうか。
日給制の人でも結婚している人はいる訳ですが、やはり安定的な月給制になりたい、という人も多いでしょう。
私個人としては、会社の運営に関わることができるので、非常にやりがいがある、という点です。たとえば、うちの会社では、福利厚生の制度として、誰でもスポーツクラブが利用できます。これは、私が提案して制度として取り入れたもので、アルバイトの立場ではできないことですよね。

 
Iさんの会社の良い所を教えてください。
 

良い意味でゆるいことでしょうか。
情に弱いというか、がんばっている人は応援する、という気持ちがあるので、金銭面での優遇など、型にはまらず、その人の状況に応じて柔軟に対応しています。出入りが激しい警備業界で長く勤務している人がいるのは、そんな面があるからだと思っています。
また、大きな会社ではないので、スタッフ一人ひとりの顔が見えていますから、現場の人と、管理の人との距離感が近く、状況の把握力は他社に比べてもすごいでしょうね。
現場が初めての人がいる場合には、現場リーダーに気を使ってもらうように配慮するとか、小さいことですが、そんな所が働く人にとっては大きな違いになると思います。

 
ありがとうございました。
最後に、Iさんの会社に応募する場合はどうすれば良いか、お聞かせください。

 

そうですね。きたむらでは、常時、警備員を募集していますので、電話か、応募フォームで面接の申し込みをしてください。

 

<受付時間>9:00-17:00
※警備バイトをするならまず見るサイトを見て、と言うとスムーズです。
応募フォーム <受付時間>24時間OK

 

ページトップ
Copyright© 2017 警備するならまず見るサイト All Rights Reserved. お金がない人はこちら | 仕事がない。50歳からの仕事さがし

【PR】ホテル求人ならホテキャリ