正社員への道

アルバイトから正社員へ

警備業界では、アルバイトから正社員登用となるケースもよくあります。(会社によって異なりますが・・・)

募集要項をみても、「正社員登用制度あり」の掲載をよく目にします。正社員になれば、厚生年金や社会保険に加入できたり、有給休暇などの待遇はアルバイトよりも優遇されます。アルバイトとして働いてみて、「この仕事を続けたい!」「この会社で社員として働きたい!」と感じたら、正社員へとチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

「正社員登用制度」とは何か、どのようにすれば正社員になれるのかを、某警備会社及び先輩社員にインタビューしてきましたので、ご覧下さい。

正社員登用制度とは

正社員登用制度とは、アルバイトやパート、契約社員といった非正社員の雇用形態での労働者が、正社員を目指して働き、企業からの査定を受ける事によって、正社員としての雇用を受けることが出来る制度です。査定の時期や合格基準は企業によって異なります。
つまり、正社員登用制度においては、その人の「能力」が重要視されることになります。正社員として入社する際は、年齢制限や学歴などが重要視されることが多いことに対し、今までの自分の働きや人間性を評価しての採用となるのでメリットになります。
また、アルバイトとして働きながら、その職場の雰囲気や仕事内容に慣れながら、人間関係を築くことが出来るのも正社員登用制度のメリットです。せっかく正社員として入社しても、職場の雰囲気や仕事内容に合わず辞めていく人も少なくありません。

企業側へインタビュー

Q:どのような人が正社員として雇用されるのでしょうか?

「仕事に対して責任感がある人」ですね。アルバイトだから・・・・といって、仕事の手を抜いたり、勤務態度が悪い人は正社員としての採用は難しいです。もちろん、きちんと挨拶ができる、遅刻や無断欠席をしない、協調性・コミュニケーション力があるなど社会人としての常識ある行動ができることが前提となりますが・・・誠実でまじめな人がいいですね。

Q:アルバイトとしてどのくらいの期間働けば、正社員登用制度に該当しますか?

会社や仕事内容によって違いはありますが、弊社の場合は1年~1.5年の間が多いです。勤務態度によっては、1年未満で正社員となった社員もいます。

Q:正社員登用制度のステップを教えてください。

半年に2回、適性検査や査定が行われ合否を判定します。これらの査定を行う前に、上長からの推薦が必要な会社もあるようです。日頃の勤務態度が重要視される場合が多いです。

Q:正社員登用制度における注意点はありますか?

正社員登用制度があるからといって、正社員になれることを確約しているわけではありません。たまに、確実に正社員になれる制度と誤解をされる方もいらっしゃいますが、勤務態度等に問題がある場合は、査定に通らないことが多いです。

また会社によって査定内容や合格基準が異なりますので、事前に確認することをお勧めいたします。

先輩社員へインタビュー

Q:正社員を目指そうと思ったきっかけは?

大学時代に学業と両立しながら2年間アルバイトとして警備のお仕事に携わっていました。仕事内容は主に、イベント開場やコンサートホールでの交通整備や観客の誘導などを行っていました。経験を積むにつれ、グループや後輩の指導を任せていただけるようになり、それに伴い責任感も強くなってきました。

会社の社員の方も、親切丁寧に指導してくださり、一緒に働く仲間ともとてもよい関係を築くこともできこの会社で働きたいと考えるようになりました。

また、警備員の仕事には資格が必要な仕事もたくさんあります。資格を取得することによって、今まで出来なかった現場での仕事もできることを知り、スキルアップしていきたいという気持ちになり、正社員を目指すことにしました。

Q:正社員になって変わったことは?

複数の資格を取得することができ、アルバイトでは出来なかった現場での仕事を任されております。また、新人教育や現場隊長の指導も行えるようになりました。

また、給与や勤務時間が安定したことも大きいです。アルバイト時代にはなかった、有給休暇や各種保険への加入など待遇が優遇されることも大きな違いだと思います。

Q:正社員になれた秘訣は?

やはり責任感をもって仕事に挑んでいたことが大きいと思います。こうすればもっと良くなる・・・と思えば、積極的に上長に相談を行ったり、改善策を考えました。こうした働きを評価していただき、正社員に誘っていただけたのだと思います。

ページトップ
Copyright© 2017 警備するならまず見るサイト All Rights Reserved. お金がない人はこちら | 仕事がない。50歳からの仕事さがし

【PR】ホテル求人ならホテキャリ